スポニチアネックス2004年1月29日
キムタクのパック 女性の顔面直撃

主演の木村拓哉(31)がアイスホッケー選手に扮するフジテレビの人気ドラマ「プライド」(月曜後9・00)の収録中、木村が打ったパックが女性ファンの顔に当たり、前歯を折るケガをしていたことが28日、分かった。撮影の合間に、スケート場客席に向かってパックを打ち込むファンサービスの最中に起きたもの。同局では、木村の所属事務所と相談して誠意ある対応を取りたいとしている。

事故が起きたのは、新横浜プリンスホテルのスケートセンター。今月20日午後3時ごろ、木村が撮影の合間に客席の一角を占めるファンに向かってパックを数発打ったところ、最後のパックが女性ファンの唇に当たり、血が出たという。

フジテレビ広報部によると、アシスタントディレクターが女性のもとに駆け寄り、近くの病院に搬送。診察の結果、前歯が1本折れており、その日はそのまま自宅に送っていった。唇も切っており、現在も通院中。前歯以外の傷の程度は不明で、一両日中に診断書が出るという。

リンクと客席を隔てる透明のフェンスは高さ約2.1メートル。リンク上のパック打撃点からケガをした女性ファンまでの距離は約10メートル。木村はフェンス越しに山なりの軌跡を描くようにスティックでパックを打った。パックの重さは160〜170グラムほどと見られるが、硬化ゴムでできており、落下による勢いだけでも大ケガをすることは十分あり得るという。

「プライド」のホッケーシーンで客席を埋める観客は、エキストラを使うことが多いが、事故が起きた日は、木村が所属するジャニーズ事務所やその他の出演者のファンクラブの女性らが多くいた。ケガをした女性はジャニーズ事務所のファンクラブの女性だった。

撮影の合間にパックを客席に向かって打ち込むファンサービスは、スタッフの指示ではなく、木村が自発的に行ったもの。フジテレビでは、木村が収録再開後の客席の“盛り上がり効果”も期待できると考えたのではないか、としている。

この事故による収録や放送への影響はなし。女性に対してはフジテレビが一括して対応しているが、木村が何らかの形で女性を見舞うこともありそうだ。


キムタク パック事故 - 2chライブラリーに戻る