SANSPO 2004年2月10日

パック流血事故でキムタクが謝罪

フジテレビ系ドラマ「プライド」(月曜後9・0)のロケ中に起きた流血事故で、主演のSMAP、木村拓哉(31)が9日、謝罪コメントを発表した。

事故は先月20日に新横浜プリンスホテルスケートセンターで行われた同ドラマの撮影中に発生。集まったエキストラを盛り上げるため、木村が客席にアイスホッケーのパックをスティックで打ち込み、その1つが女性の口を直撃した。

木村は同局を通して「怪我をされた方、およびそのご家族の方々に多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。1日も早い回復をお祈り申し上げます」と綴ったお詫びの文書をマスコミ各社に送付した。

同局広報部によると、被害者は「口唇裂傷・歯冠破折」と診断され、治療には同局が責任をもって対応する。また、木村は事故当日にこの女性に手紙を書いたほか、電話でも直接会話。女性からは「このような事故が起こらないよう気を付けて欲しい」と要望されたという。同局も「撮影は安全管理を万全にしたい」としている。


キムタク パック事故 - 2chライブラリーに戻る