週刊特報 2004.7.26
16年前の女子高生コンクリート詰め殺人
犯人の元少年が監禁致傷事件で逮捕

凶悪少年犯罪の走りとして、戦後犯罪史にも特筆される、「綾瀬・女子高生コンクリート詰め殺人事件」(88年11月)。あの重大事件でサブリーダー格として逮捕、服役したK容疑者(33)が再び監禁、障害事件を引き起こし逮捕された。その無反省ぶりは、少年犯罪の保護・矯正制度のあり方に一石を投じるほどだ。にもかかわらず、今回の事件、発生から逮捕に至るまでの警察の動きは緩慢で、マスコミの報道もなぜか消極的だ。

K容疑者が知り合いの男性店員(27)を、監禁して殴る蹴るの暴行を加えたのは、5月19日深夜のこと。

「全治10日の被害を受けた男性は、花屋の店員です。Kは男性が自分と交際している女性を匿っていると邪推し、金属バットで脅して、母親(58)の経営する埼玉県三郷市内のスナックに拉致して、殴る蹴るの暴行を加えた。悪質なのは、『コンクリート詰め事件の主犯は俺だ』、『一人殺すも、二人殺すも同じだ』などの脅し文句を使っている点。自分が犯した凶悪犯罪を逆手に取るふてぶてしさで、反省の気持ちなどまったくない」(捜査関係者)

K容疑者は、前回の事件で「懲役5〜10年」の不定期刑が確定。少年刑務所に7年、一般刑務所に3年服役して、5年前に出所した。現在は埼玉県八潮市内に住み、コンピュータ関連会社に、アルバイトのオペレーターとして勤務していた。

住まいの八潮市といい、今回の事件現場の三郷市といい、16年前の大事件の記憶を生々しく蘇らせる。殺害された女子高生は八潮高校の生徒、彼女の実家は三郷市内だった。言語を絶する悪辣さに、一部週刊誌が少年4人の実名報道に踏み切ったあの事件。当時取材に動いたフリージャーナリストが、こう振り返る。

「悪夢の一言に尽きる事件でした。卒業を前に、プラスチック工場でアルバイトをしていた女子高生を、Kら狡知にたけた4人の少年が、当たり屋も舌を巻くダマシのテクニックで、足立区内の民家に誘い込み、40日間余りも監禁して輪姦、暴行を繰り返した上に殺害。遺体をドラム缶に詰め、コンクリート漬けにして、江東区内の埋立地に遺棄したんです。当時17歳だったKの苗字はOでした」

実はK容疑者は、八潮市内のある名家の縁者。アルバイト先のコンピュータ関連会社も、その一族が経営する会社だという。

今回の事件で警視庁の竹の塚署が、K容疑者の逮捕に踏み切ったのは、犯行から2週間後の6月4日。過去に世間を震撼させるような、重大犯罪を犯した人物の捜査にしては、スローモーに過ぎよう。地元の事情通が言う。

「一族の関係者には、防犯協会の有力者や区議もいるそうだから、警察の捜査も、おのずと緩やかになったと見るムキもあります」

朝毎読など有力紙が、全く事件を報じなかったのはなぜか?
「産経新聞のスクープだからです。抜いたのは日曜日の朝刊(7月4日)、他紙は特オチにならざるを得ませんでした」(警視庁詰め記者)

週刊特報 2004.8.9

 

女子高生コンクリ殺人 - 2ちゃんねるライブラリー