読売新聞2005年3月1日
コンクリ詰め殺人の元少年、監禁「再犯」で懲役4年

知人の男性を車のトランクに監禁するなどし、逮捕監禁致傷罪に問われた元会社員、神作譲(かみさくじょう)被告(33)の判決が1日、東京地裁であり、菊池則明裁判長は、懲役4年(求刑・懲役7年)の実刑を言い渡した。

神作被告は1988年の「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の準主犯格(犯行当時、17歳)で、判決は「改善更生が期待されたにもかかわらず、本件犯行に及んだことは一般社会に対して大きな衝撃を与えた」と述べた。

判決によると、神作被告は昨年5月19日未明、東京都足立区の路上で、男性に「おれの女を取っただろう」「殺すぞ、おれは人を殺したことがある」などと因縁をつけ、さらに、乗用車のトランクに押し込んだ。その後、埼玉県三郷市のスナックまで連れて行き、「本当に殺すぞ」などと脅して、計約5時間にわたって暴行を加えた。

神作被告は、「(前回の事件に関係する)せりふは言っていない」と主張していたが、判決はこれを退けたうえ、「殺人の件を脅し文句に用いたことを考えると、被告が真に深い反省のもとに前の事件と向き合い、再出発をはかったか疑問の余地もある」と述べた。

その一方で、「被告の前科が周囲に知れ、結果的に更生の意欲をそぐことにつながった面も否定できない」とも指摘した。

菊池裁判長は判決言い渡し後、「今度こそ、本当の意味での再出発、人生のやり直しをすることを期待しています」と説諭した。

神作被告は前回の事件で、91年に東京高裁で懲役5年以上10年以下の判決を受け、99年に出所していた。


女子高生コンクリート詰め殺人 - 2ch-Libraryに戻る