読売新聞2004年7月28日
「女を監禁、懲役行った」コンクリ殺人元少年の初公判

今年5月、東京都足立区で男性が車のトランクに押し込まれて監禁され、暴行を受ける事件があり、逮捕監禁致傷罪で起訴されたコンピューター会社派遣社員の男(33)の初公判が28日、東京地裁(菊池則明裁判官)であった。

男は「(起訴状の中で)私が言ったとされるせりふは言っていない。(監禁はしておらず)話をしていただけだ」と述べ、起訴事実を一部否認した。

男は、17歳だった1988年、女子高生(当時17歳)を足立区内の仲間の自宅に40日間監禁し、虐待の末に殺害、遺体をコンクリート詰めにして捨てた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」で、準リーダー格だった。この事件で殺人罪などに問われ、1991年に懲役5年以上10年以下の不定期刑が確定し約8年間服役。その後、出所していた。

検察側はこの日の冒頭陳述で、男が被害者の男性に「おれは女を監禁して少年の時に10年懲役に行って来た」と笑いながら事件に触れ、「警察をだましたり、検事を丸めこむノウハウを学んだんだ」と話していたことを明らかにした。

起訴状によると、男は5月19日未明、東京都足立区の路上で、男性に因縁をつけ、「人を殺したことがある」などと脅して、顔を殴るなどして、乗用車のトランクに押し込み監禁。埼玉県三郷市のスナックまで男性を連れて行き、店内でも「おれの女を取っただろう」などと脅して暴行、男性に10日間のけがを負わせた。



女子高生コンクリート詰め殺人 - 2chライブラリー