サンケイスポーツ2005年1月19日
コンクリ殺人事件の元少年が懲役7年求刑…逮捕監禁で

昨年5月、知人男性を監禁、暴行したとして、逮捕監禁致傷罪に問われた元会社員、神作譲被告(33)の論告求刑公判が18日、東京地裁(菊池則明裁判長)で開かれ、検察側は懲役7年を求刑した。判決は3月1日。同被告は昭和63年に東京都で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件で有罪となった少年の1人。懲役5−10年の不定期刑が確定、服役後、この事件を起こした。


女子高生コンクリート詰め殺人 - 2chライブラリー