産経新聞2005年1月18日
逮捕監禁男に懲役7年求刑 コンクリ殺人の元少年

知り合いの男性を監禁して暴行し、けがをさせたとして、逮捕監禁致傷罪に問われた元会社員、神作譲被告(33)の論告求刑公判が18日、東京地裁(菊池則明裁判長)で開かれ、検察側は懲役7年を求刑した。

神作被告は初公判で、殴った事実を認めたが「(監禁場所とされる)スナックでは話をしていただけ」と起訴事実を一部否認していた。

起訴状などによると、神作被告は好意を寄せていた女性が知人男性と交際していると思い込み、昨年5月19日未明、東京都足立区の路上で男性に「女を取っただろう。おれは人を殺したことがあるんだ」と脅して車のトランクに押し込み、埼玉県三郷市のスナックに監禁して暴行し、10日間のけがをさせた。

被告は、1988年に東京都足立区で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件で有罪判決を受けた少年4人のうちの1人で、当時は17歳。91年の東京高裁判決で、懲役5−10年の不定期刑が確定し服役、出所した。(共同)


女子高生コンクリート詰め殺人 - 2chライブラリー