日刊スポーツ2005年3月1日
知人男性監禁暴行男に懲役4年

知人男性を監禁、暴行して負傷させたとして、逮捕監禁致傷罪に問われた元会社員神作譲被告(33)の判決公判が1日、東京地裁で開かれ、菊池則明裁判長は懲役4年(求刑懲役7年)を言い渡した。

起訴状によると、神作被告は昨年5月、東京都足立区の路上で知人男性に「女を取っただろう。おれは人を殺したことがあるんだ」などと脅して車のトランクに押し込み、埼玉県三郷市のスナックに監禁して暴行、10日間のけがをさせた。

神作被告は1988年に東京都で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件で有罪となった少年の1人。検察側は同事件に触れ「服役後の更生の機会を生かさず、再犯の恐れは極めて大きい」としていた。被告は起訴事実を一部否認していた。


女子高生コンクリート詰め殺人 - 2ch-Libraryに戻る