ニッカンスポーツ2005年1月18日
元コンクリ詰め少年に7年求刑

知人男性を監禁、暴行したとして、逮捕監禁致傷罪に問われた元会社員神作譲被告(33)の論告求刑公判が18日、東京地裁(菊池則明裁判長)で開かれ、検察側は懲役7年を求刑した。

神作被告は昨年5月、知人男性を「女を取っただろう。おれは人を殺したことがあるんだ」と脅して車のトランクに押し込み、監禁して暴行し、10日間のけがをさせた。

被告は88年に東京都で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件で有罪となった少年の1人。検察側は同事件にも触れ「被告は少年刑務所出所後に暴力団に加入するなど、規範意識が鈍く、前回事件の遺族感情を踏みにじるような脅迫文言を今回の被害者に用いており犯罪性向は根深い」とした。判決は3月1日。


女子高生コンクリート詰め殺人 - 2chライブラリー