毎日新聞2004年7月28日
監禁事件:コンクリ詰め殺人で出所の男、初公判

17歳の時に「女子高生コンクリート詰め殺人事件」(88年)に関与し服役後、今年になって別の監禁事件で逮捕され、逮捕監禁致傷罪に問われた会社員、神作譲被告(33)の初公判が28日、東京地裁(菊池則明裁判官)で開かれた。神作被告は起訴事実を認めたが、「(起訴状で指摘された脅迫の)せりふは言っていない」と主張した。

検察側の冒頭陳述などによると、神作被告は、女子高生殺人事件で91年7月に実刑(懲役5〜10年の不定期刑)が確定し、99年8月に出所した。今年4月、知人の男性が、好意を寄せている女性と交際しているのではないかと思い込んで、男性を脅した。この際、女子高生殺人事件を持ち出し、「おれは少年の時に10年懲役に行った。女を監禁した」とすごんだ。さらに、同5月、東京都足立区の路上で、この男性に「女を取っただろう」といいがかりをつけ、車のトランクに押し込んで、埼玉県内のスナックで約5時間監禁し、暴行を加え、約10日間のけがをさせた。

女子高生殺人事件は88年11月、神作被告と仲間の少年3人(当時18〜16歳)が、帰宅途中の女子高校生(当時17歳)を足立区の少年宅に41日間監禁し、殺害後コンクリート詰めにして遺棄した。リーダー格は懲役20年、残りの2人は不定期刑が確定している。



女子高生コンクリート詰め殺人 - 2chライブラリー